松舞ラブストーリー

山陰の仮想の町松舞町を舞台にした、様々な恋愛を見守ってやって下さいね

「日向ぁ~」
真昼間だっていうのに、洋くんがゴロゴロ甘えてきます(笑)
テーブルの上には、読み終えた小説が1冊置いてあります。
こんにちは、朝川日向です。
―――――――――8月30日(日)―――――――――
小説のタイトルは、有川浩さんの「植物図鑑」
結構、有川さんの小説ってお気に入りなんですよねぇ。
こっちに来て初めて見た映画も有川さん原作の「阪急電車」ですし。

「読み終えた、『植物図鑑』?」
「うん、日向の言った通り、この男の子と俺って被るよなぁ」
・・・容姿は全く被ってないのが、誠に残念なんですが。
「何って言うか、サバイバル状態でも生き抜けて行けそうだよね、洋くんは」
「そっかぁ?」
少し照れくさそうに鼻をかく洋くんが可愛いです。

「だってさぁ、小説にも有ったけど、野イチゴでジャムとか作るもんね」
「まぁあっちは、本当に美味しい野イチゴの方だけど、こっちは初冬に採れる冬イチゴだからなぁ」
「しかも、砂糖入れずぎちゃってカチカチに固まるし」
「ありゃ、失敗だったよね」
「アケビの皮の肉詰めも、どっちかと言うと微妙な部類よね」
「あれ、外皮剥くの大変だったんだからンな!」
「こっちに来てスグの頃、クレソンが結構な頻度でメインディシュだったよな」
「あれはあれで楽しかったわよ。最近行ってないわよねぇ」
「美味しかったんじゃなくて、楽しかったんだ」

「そう言えば、この前のドライブの時、栗の毬落ちてたよな、まだ青かったから拾わなかったけど、今年も食べような栗ご飯」
楽しい予定が一つ増えた様で、ちょっぴりうれしくなった。
「10月後半から11月はムカゴ採りも行こうな、甘辛く炊いたムカゴ美味しかったよなぁ」
「洋くんは、食べる事の方が思い出残ってるんだ」
「もちろん、ドライブの道中だって楽しかったさぁ」

私は、内容を再確認する様に、テーブルの上の小説を手に取り、ペラペラ捲ってみた。
「ねえねえ、この辺りにも食べれる草有るのかなぁ?」
「結構、小説に出てきた草花って生えてるよ、この辺りにも。そろそろ涼しくなるし、散策してみる?自転車とか欲しいよなぁ」
「でもここって、どっちに向かっても上り坂じゃないのよ、要らないって」
「別に車が有るんだし、トランク入れて出掛けりゃ良いじゃん」
ナルホドって思わず唸ってしまった。
車に自転車乗せるなんて発想は無かったから、目から鱗状態です。
「この辺って、サイクリングロード有るし、河川敷とかも結構楽しめるんじゃないかな」

s-DSC_2964「東京居た頃さぁ、寮が荒川に近かったから、何回か河川敷サイクリングしたんだよなぁ」

もう5~6年も前の話になるのかな、洋くんと私は仕事の関係で遠距離恋愛してました。
そう言えば、洋くんってマウンテンバイクでサイクリングとかするの好きだったんだよなぁ

「荒川って結構テレビのロケでも使われる位良い所じゃん、サイクリングしてて気持ちは良いんだけど、やっぱ一人だと寂しかったんだよなぁ」
・・・一人で、どこでもヒョイヒョイって出掛けるって思ってたけど、意外と寂しがり屋だったんだぁ。
「いつかは、日向とサイクリングしてみたいって思ってたんだぞぉ」
チラッと洋くんに視線を移すと、うっすら頬っぺたが赤らんでいます。
可愛いんだからぁ(^^♪

視線を下に落とすと、洋くんの豊満なお腹が目に入った。
・・・・・ダイエットの為にも良いかもね
「行こうよサイクリング」私はうっすら微笑んでいた


松舞ラブストーリーアーカイブ
 

モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
P・W編
本田・楓編
純・カヲル編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
瑞穂編
android game編
ショート・ショート編
ちょい、言ったー。
僕と彼女の日々
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)Serenade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】

「洋くん、お風呂お先~」
他人には絶対に見せられない、バスタオルを巻いただけの日向がそこに居た。
「何しちょる・・・また萌えゲー?」
スマホを操作する俺を呆れ顔で見つめる。
・・・当たってるだけに、返す言葉もない
こんばんは、萌えゲー命の村田洋介です(笑)
―――――――――8月29日(土)―――――――――
「そんなに面白いの、そのゲーム?」
パジャマに着替えた日向が、スマホをのぞき込む。
「・・・うわぁ、その歳で女子高生とかあり得ないんですけど」
「『その歳』とか言うなよな」
俺は、ちょっと口を尖らせた。
「事実じゃない?」
うっ・・・返す言葉が見当たらない

「それって、どんなゲーム?」
フェイスタオルで髪を拭きながら、日向が訊ねてきた。
「普通の女子高生が、パラレルワールドに入り込んじゃって、そこで武器を強化しながら戦うゲーム」
「そう言うストーリーって王道よね。パラレルワールドって、どういう意味?」
あ~こいつ、そう言うSFの世界って苦手だったよなって思いながら、俺はスマホをテーブルの上に置いた。

「パラレルワールド、並行して時が流れてる別の時空の事」
「???」俺の傍らに腰を下ろした日向の頭上には、明らかにそんな文字が浮かんでいた
「例えば、今、俺がこうしたとするじゃん」俺は日向の肩を抱き寄せる。
「んで、その左手がこうしたとする」悪戯っぽく日向の胸に触ってみる
「ひゃっ、こらっ!どさくさに紛れて!」日向が俺の手を払いのける
「そんなに邪険にしなくても・・・例えば、日向が俺の手を払いのけなかったら、この後もっとすんごい事してるかもしんないじゃん、そんなifもしもの世界がパラレルワールド」
「昔、そんな番組有ったよね」
「思うに、1秒毎に・・・いや時間じゃないな、そう瞬間毎に別の世界が無数に広がっていると思うんだ、例えば跳ねのけた手が物に当たって俺が骨折するかもしれない」
「そんなに強く払いのけてないじゃん。」
「・・・そうだけど、もし強く払ってたら骨折して、病院行ってそこのナースと劇的な恋に落ちるかも知れないじゃん。」
「ナースさんと恋愛したいんだ、洋くんは!」
「例えだって。すべての事はそうやって無限に広がって行ってると思うんだよね。」
「それは、確かにあり得るかもしれないけど」

「ただ、俺達にはその別の選択肢の結果を確認する術はないんだけどな。」
「そうだよねぇ」
「だから、なんて言うか1分1秒を大切にしなきゃって思うんだよね。」
微妙に日向が頷いているのが分かる。
「そんな大それた話じゃないか・・・」
日向が、クスって笑った。
「・・・今、選択出来る事は、『さっさとお風呂入ってガス代節約するか』だけだと思うけど。」
「もう一度おっぱい触るって選択肢は認められないんだ・・・OK、お風呂入ってくるわ」

俺は、セーブする為にスマホを手に取った。
「あれ?何かメール来てる」
「洋くんにメール来るって珍しいね、誰から?」
「・・・娘からだよ」
「久しぶりじゃない、一恵ちゃんからメール来るなんて」
「だよな・・・」


松舞ラブストーリーアーカイブ
 

モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
P・W編
本田・楓編
純・カヲル編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
瑞穂編
android game編
ショート・ショート編
ちょい、言ったー。
僕と彼女の日々
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)Serenade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】

「キャ~かなかな~」
そう言いながら、フルートと譜面を持った朝川が駆け寄ってきた。
「臨月なのに大丈夫なの?」
そう言いながら、朝川はヒグラシのはち切れそうなお腹を優しく撫でている。
「うん、別に激しい運動する訳じゃないし、お医者さんにも少し動いた方が良いって言われてるの」
確かに、お腹の子供は出産予定日を5日も過ぎていた。

ついに俺も親父になります。
こんばんは、モリヒデこと森山英雄です。
―――――――――12月23日(火)―――――――――
今日は、朝川が在籍している松舞町民アンサンブルのクリスマスコンサートを聴くために、ヒグラシと松舞文化ホールに来ています。
「なあ朝川さん、今日、颯太は?」
「芦川君ね、残業になったってさっきメールが来たの」
少し、寂しそうに口を尖らす朝川が、妙に可愛かった。
「ったく、颯太の奴は相変わらずだなぁ」
「でも、さすがノルマ達成記録更新中のエリートサラリーマンよね。毎晩、ビール飲んでゲームやってる人とは違うわ」
「ん?誰の事だよヒグラシ!」
「ふふっ、二人とも相変わらず仲が良いわよね。じゃあ、クリスマスコンサート楽しんでいってね」そう言いながら朝川は、楽団メンバーの集団に消えていった。

入れ替わりで今度は、楓と健吾が集団から抜けてきた。
「佳奈江さん、来て下さってたんですね。」
「うん、折角のクリスマスコンサートだからね、胎教にもなるし。」
「ヒデ兄、結局名前決まりました?」
「いんや、それが未だだに。男か女かも分らんし悩んじょうに。」
「お兄ちゃん、慌ててキラキラネーム付けんでよ。」
「折角だから、黄熊で『ぷー』とか、世界的鼠で『ミッキー』とか、考えてるんだが。」
「うわっ、それ将来絶対にグレますよヒデ兄」笑いながら健吾が、時計を見た。
「楓、そろそろチューニングせんといけん時間だわ、じゃあ佳奈江さんヒデ兄ごゆっくり」
「じゃあ、佳奈江さんお大事に。お兄ちゃんは、イビキかかんでよ。」
「俺、寝る事前提なんかよ!」
二人は、小走りで楽屋の方に消えていった。

「そろそろ、私たちも席に着こうかモリヒデ」
「そうだな」そう言いながら、俺はヒグラシの目の前に手を差し出した。
ヒグラシが少し微笑んで、俺の手を軽く握り締めた。

・・・・・・・
・・・・・!?
俺は、割れんばかりのカーテンコールで目が覚めた。
「・・・あれっ?コンサートは?」
「本当に寝てしまうんだから、信じられないわ」ヒグラシが少し呆れた顔しています。
「仕方ないだろう、こっちは年末の稼ぎ時で毎晩残業なんだから。」
「残業って言ったって7時には帰ってくるじゃないの。その後のゲームで寝不足なんでしょモリヒデは!あっ、ほらアンコール始まるよ」
俺は、背筋を伸ばして座り直した。

ドラムのカウントから、スローなバラードが始まった。
マジかよ、こんなの聴いたら、また寝てしまうだろうが。
不意にヒグラシが、俺の手を握りしめた。
「この曲、覚えてるモリヒデ?」そう耳元で囁いく。
・・・そう言われてみれば、聞き覚えの有るスタンダードナンバーだった。

朝川が、学園祭でやった曲?
そうあれは、確か高校1年の時だったかな。
他の女子生徒が教えてくれた。
あれ?あの子の名前、何だったっけ?

渡り廊下を渡っている時、4階からブラスバンドの演奏が聞こえてきた。
「朝ちゃん、頑張ってるね~」
「そうだな・・・あれ?この曲聞いた事有る・・・何て曲だっけ?」俺は上を見ながらヒグラシに聞いた。
「あ~確かに聞いた事有る・・・ジャズだよね、これ?」
「グレン・ミラーの、ムーンライト・セレナーデですよ。」その子が、少し恥ずかしそうに呟いた。
「そう、ムーンライト・セレナーデ! この曲、いい曲だよね」

有ったなぁ、そんな事。
あれっ?でもマジで名前が思い出せないや。
しかも、あの子ってそれ以外記憶が無いんだよな。

などと考えていると、ヒグラシがより一層俺の手を握り締めた。
「なんだよヒグラシ、俺はちゃんと起きてるぞ」そう言いながらチラッと横目でヒグラシを見ると、少し苦しそうな表情をしている。
「おい・・大丈夫かヒグラシ」
「つ・・・遂に始まったかも陣痛・・・」
「マジか。」
「うん、未だすぐに生まれるって感じじゃないけどね、ここ出たら病院直行パターンね。」
「と、取りあえず会場出ようか。」
「う、うん・・・そうしてもらうと助かるかも・・・」

俺は、一旦会場の方に眼をやる。
朝川や楓は、何となくヒグラシの表情に気がついたようで、軽く頷いていた。
俺も、それに軽くうなずき、静かにヒグラシの手を握って薄暗い階段を上った。

出口で後片付けを始めていた楽団のスタッフの女性に、簡単に事情を説明しヒグラシをソファーに座らせる。
「じゃあヒグラシ、車回してくるから、少し待ってろよ。」
「うん、ありがとうモリヒデ」
少し、後ろ髪を引かれながら、俺は駐車場に向かう。
空気は凛とした冷たさで、青白い月明かりがより一層寒く街を照らしていた。
こんな事なら、車に毛布の1枚でも積んでおけばよかったか。
俺はふっと思い出し、義母さんに携帯をかける。
陣痛が始まった事、このまま病院に向かう事を伝え、荷物の準備をお願いする。

ホールのエントランスに車を回すと、楓と健吾が待ち構えていた。
「来た来た、健吾!佳奈江さん達呼んできて。お兄ちゃんは、これ車に積んで。」
楓は手に毛布を掴んでいた。
「おっ、準備が良いな楓。」
「ホールの医務室で借りて来たの。そんな事より後ろのシートの荷物片付けてよね、お兄ちゃん。朝川さんも付いて行くんだから。」
「そ・・・そうか、朝川が一緒だと何かと助かるかも。」
「私と健吾も、ここの片付けが終わったら病院に向かうけんね。」

肩から毛布を被ったヒグラシが朝川に付き添われて出てきた。
「ゴメンねモリヒデ、大事になっちゃって。」
「そんな事気にしてる場合かよヒグラシ、大丈夫か?」
「うん、大丈夫だよ。ねえモリヒデ、病院には連絡した?」
「あっ、義母さんには連絡したけど、病院に連絡してないわ。」
「森山くん、いいわ私が運転するから、森山くんは病院に電話して。」
「おっおう、助かるわ朝川さん。」
「少し落ち着きなさいよ森山くん、こんな時は男がしっかり構えてなくちゃあ、妊婦さんや産まれてくる赤ちゃんは、それ以上に大変なんだからね。」
「おっ、おう・・・」
普段はおっとりしている朝川が、珍しく厳しい口調だ。
俺は、スマホを取りだし、病院に電話する。

「・・・はい、じゃあ十分位でそちらにと到着しますので、お願いします。」
スマホをポケットに仕舞い、少し心配そうなヒグラシを見つめる。
「オッケー、お前の担当の先生、丁度当直だった。すぐ、病室手配するってさ。」
「・・・・・・」ヒグラシが無言で俺の手を握り絞める。
「大丈夫か、ヒグラシ?」
コックリ頷くヒグラシは、うっすら脂汗をかいていた。
「もう少しだから、もう少しだからな。」そう言って手を握ってやる事しか、俺は出来なかった。
朝川の言う通り、出産と言うのは男の存在なんてちっぽけな物になのかも知れない。

「着いたわよカナカナ。森山くんこのまま玄関横付けで良いの?」
「ああ、ストレッチャー準備して待機してくれているらしいから。」
玄関に車が着くと、看護師さんたちが手際よくストレッチャーを付けてくれた。
「森山さん大丈夫?もう病院着いたから、安心だからね。いい、立てる?」
「はい、立てます」弱々しくヒグラシが答える。
「じゃあ、ゆっくり立つわよ。ゆっくり、ゆっくり歩けば良いからね。」
「はいっ・・・あぁ!」
ヒグラシは、その場にしゃがみこんだ。
!?
何かを察した看護師が、少し慌てる。
「破水したみたい。一気にストレッチャーに乗せるわよ。」
看護二人がかりで、ヒグラシを抱き上げストレッチャーに乗せる。
「お父さん、お父さん!」
一瞬周りを見渡した。
「森山くんの事だよ」少し呆れたように朝川が教えてくれた。
「・・・あぁあ、はいはい。」
「出産準備品は用意して有ります?」
・・・産褥シートとか、そう言う奴だよな。
「今、義母さんがこっちに持って来ます。」
「じゃあお父さんは、とりあえず車を駐車場に入れて来て下さい。」
「お母さんは、このまま分娩室に入ります。」
「じゃあ森山くん、私、分娩室の前で待ってるからね」
「うん、頼むわ朝川さん」

俺は駐車場に車を回した。
相変わらず、月明かりが綺麗な夜だった。
クリスマスイブが誕生日になるのかな?
そう言えば、マジで名前を考えなきゃな。
俺は、テンパってる自分を落ち着かせるかの様に自問自答を繰り返す。
歩きながら、もう一度空を見上げる。
気が付いたら、ムーンライトセレナーデを鼻歌で歌っていた。
・・・セレナーデねぇ。
セレナなんて、可愛い名前かもな。
その瞬間、何かが俺の中で弾けた。
・・・あの子、せれなって名前だったなぁ。
俺の意思は固まった。
名前は「せれな」だ。
男の子だったら・・・
いや、絶対女の子が生まれる!そんな気がする。

俺の頭の中で、何か脳の奥底に隠れていた記憶がフラッシュバックの様に甦りスッと消えていった。
ただ、あの女の子が微笑んだのは、ハッキリと分かった。

♪♪♪
スマホが静かな駐車場に鳴り響く。
朝川からだ。
「ちょっと森山くん、何してるの? 早く早く、産まれるみたいで、カナカナが苦しんでるわよ。」
「うん、すぐ行く。」
俺は、スマホをポケットにしまい、走りだした。

※※※くりむぞんより※※※
最後まで読んで下さった皆様、ありがとうございます。
(小夜曲)sérénade編は、パラドックス的要素を含んだストーリーです。
今回の話が、終着点であり始まりでもあるんですよね。

(小夜曲)sérénade編を描いてる途中に思い付いた構想を、8年越しで実現致しました。
当時、8年後までこのサイトが残っているか、話が続いいているか、はたまた自分が生きているか・・・色々、不安要素しか無かったのですが、無事に書き終る事が出来て一安心です。
1つの区切りがついたような気がします。
・・・・・・っと言っても、これからも不定期で更新して行きますが(笑)

これからも、そんな私の気まぐれにお付き合い頂ければと思います。
あっ、話の最後になりますが、メリークリスマス 明日が皆様の素敵なイブとなります様に。
2014/12/23 くりむぞん


松舞ラブストーリーアーカイブ
 
ショート・ショート編
モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
本田・楓編
android game編
純・カヲル編
瑞穂編
ちょい、言ったー。
僕と彼女の日々
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)sérénade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】

↑このページのトップヘ