535b9536.jpg
「おっ、なかなか綺麗な夕景じゃん」
俺は、そんな独り言を呟きながら、夕暮れの新開地を駅へと歩いてます。
何て言うか、9日連続の仕事で、体力的にも精神的にも疲れてますよ。
耳に突っ込んでるイヤフォンから、スガシカオの“ホームにて”が流れ始めた。
静かなピアノで始まるオープニングは、どことなくアーバンな感じで今の景色にピッタリですね。
しかし日暮れが早くなりましたね。
朝も随分寒くなって来ました。
朝と言えば今朝は、日向の方が先にアパートを出発しました。
何でも、京都で講習会が有るそうで、8時に京都駅に集合なんだそうです。
だから、いつも以上にドタバタした朝でした(笑)
こんばんは、別ブログでもお世話になってますね、洋介です。
―――――――――10月1日(土)―――――――――
今、聴いているアルバムは、SugarlessⅡ、最新のアルバムです。
ランダムにチョイスされた次の曲は、“アオゾラペダル”
嵐に楽曲提供した1曲です。

・・・そう言えばこの曲は

初めて日向とデートした時に見た映画“ハチミツとクローバー”って映画の挿入歌でした。
日向に、「映画の中でスガさんの曲結構使われてるよ」って言われて、ちょっと楽しみにしていたんですが、結局流れたのは嵐の方でした。
(TVアニメ版では、実際に様々なスガシカオの楽曲が使われていたらしいです)

あれから、もう丸5年経つんですね、早い物ですね。
ふっと、日向と知り合った時の事を思い出しました。
確か、祭りサークルの先輩が、近所の子って連れて来たんだったかな。
ルックスで言うと、アヤパンに似ていて「おいおいおい、このサークル入ってて良かったなぁ」って、一緒にサークルに入った会社の同期の奴と騒いでいたのを覚えています。
・・・・・まぁ、アヤパンって言うのは言い過ぎかもしれませんが(^_^;)
んでまぁ、サークルの先輩に頼みこんで、飲み会の席をセッティングして貰ったんですよ。
先輩自体も、元々、そう言うつもりも有って日向をサークルに誘ったみたいなんですよね。
運の良い事に、日向が結構映画好きだったから、色んな映画の話で盛り上がりました。
ちょうど妹がアニメ版のDVDを借りて来ていたから、“ハチクロ”の事は少し知っていました。
そこで意を決して、映画に誘いました・・・・・そこで出したほんのちょっとの勇気のお陰で、今の俺は幸せなんですよね。

それから数回デートをして、9月の21日遂に告白しました。
雲山の街を見渡せる高台の小さな駐車場だったと思う。
目の前に広がる雲山の夜景を眺めながら、朝から一日中話していたはずなのに、まだまだ話すネタが尽きなかった。
こんなにお喋りが楽しいって思ったのは初めてだった、やっぱり相手が日向だからなんだろうか?そうだとしたら、いつまでも一緒にお喋りしていたい。
そう思ったら、日向への想いが急加速して行くのが分かった。
きっと、このチャンスを逃したら、もう二度と日向とお喋りする事は無いのかもしれない、そんなのは嫌だ。
そう思った瞬間俺の口は、「緑川さん、好きです。これからもず~っと僕の横で笑っていてくれませんか?」って言いだした。
突拍子もない事で日向は戸惑ったのか、しどろもどろになっていた。
でも、はっきり「うん」って言ってくれたから、下手に愛の言葉を並べられるより嬉しかった。


“アオゾラペダル”が終わり次の曲が流れ始めた。
NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』の主題歌で有名な“Progress”この曲はkōkuaってグループ名で歌ってるんですよね、スガちゃんは。
俺のお気に入りの1曲です。
♪大切な人を守れたり、未だ何一つ様になってやしない、相変わらずあの日のダメな僕 ずっと探していた理想の自分って、もうちょっとカッコ良かったけれど・・・
このフレーズが堪らなく好きなんですよ。
・・・・・でもまぁ、確かにその通りです。
ガキの頃、描いていた理想の自分って、もっとこう何て言うかもっと立派な大人だった気がする。
普通にサラリーマンしていて、奥さんが居て子供が居る。
夕方、マイホームに帰って、家族で温かい夕食を食べ、和やかに会話している。
そんな、在り来たりの生活を送っている自分を想像していたんですけど・・・
今の自分って、どうなんでしょう?
正に歌詞の通り、何一つ様になってませんよね。
正直、落ち込みますよね・・・この歳になって、明日の自分が見えてないって・・・

♪♪♪
んッ?携帯が鳴ってます。
日向からのメールです。

[洋ちゃん、お疲れ様 もう仕事終わった? 今、新神戸に着いたけど、良かったら三宮で夕ご飯しない? 返信待ってま~す]
そのメールを見て、少し脱力してしまった。
「まぁ、良いかぁ」
今まで歩んできた道を、今更悔やんでも仕方有りませんよね。
この道を歩んでいなかったら、きっと今日向からメールを貰う事も無かったんだろうから。
♪あと、一歩だけ前に進もう
ほら、スガちゃんだって言っています、そうです前だけを見て今まで通り歩んで行けば良いんですよね、その足跡が自分なんですから。


松舞ラブストーリーアーカイブ
 
ショート・ショート編
モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
本田・楓編
android game編
純・カヲル編
瑞穂編
ちょい、言ったー。
僕と彼女の日々
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)sérénade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】


blogram投票ボタン