松舞ラブストーリー

山陰の仮想の町松舞町を舞台にした、様々な恋愛を見守ってやって下さいね

カテゴリ: 洋介・日向編

「日向ぁ~」
真昼間だっていうのに、洋くんがゴロゴロ甘えてきます(笑)
テーブルの上には、読み終えた小説が1冊置いてあります。
こんにちは、朝川日向です。
―――――――――8月30日(日)―――――――――
小説のタイトルは、有川浩さんの「植物図鑑」
結構、有川さんの小説ってお気に入りなんですよねぇ。
こっちに来て初めて見た映画も有川さん原作の「阪急電車」ですし。

「読み終えた、『植物図鑑』?」
「うん、日向の言った通り、この男の子と俺って被るよなぁ」
・・・容姿は全く被ってないのが、誠に残念なんですが。
「何って言うか、サバイバル状態でも生き抜けて行けそうだよね、洋くんは」
「そっかぁ?」
少し照れくさそうに鼻をかく洋くんが可愛いです。

「だってさぁ、小説にも有ったけど、野イチゴでジャムとか作るもんね」
「まぁあっちは、本当に美味しい野イチゴの方だけど、こっちは初冬に採れる冬イチゴだからなぁ」
「しかも、砂糖入れずぎちゃってカチカチに固まるし」
「ありゃ、失敗だったよね」
「アケビの皮の肉詰めも、どっちかと言うと微妙な部類よね」
「あれ、外皮剥くの大変だったんだからンな!」
「こっちに来てスグの頃、クレソンが結構な頻度でメインディシュだったよな」
「あれはあれで楽しかったわよ。最近行ってないわよねぇ」
「美味しかったんじゃなくて、楽しかったんだ」

「そう言えば、この前のドライブの時、栗の毬落ちてたよな、まだ青かったから拾わなかったけど、今年も食べような栗ご飯」
楽しい予定が一つ増えた様で、ちょっぴりうれしくなった。
「10月後半から11月はムカゴ採りも行こうな、甘辛く炊いたムカゴ美味しかったよなぁ」
「洋くんは、食べる事の方が思い出残ってるんだ」
「もちろん、ドライブの道中だって楽しかったさぁ」

私は、内容を再確認する様に、テーブルの上の小説を手に取り、ペラペラ捲ってみた。
「ねえねえ、この辺りにも食べれる草有るのかなぁ?」
「結構、小説に出てきた草花って生えてるよ、この辺りにも。そろそろ涼しくなるし、散策してみる?自転車とか欲しいよなぁ」
「でもここって、どっちに向かっても上り坂じゃないのよ、要らないって」
「別に車が有るんだし、トランク入れて出掛けりゃ良いじゃん」
ナルホドって思わず唸ってしまった。
車に自転車乗せるなんて発想は無かったから、目から鱗状態です。
「この辺って、サイクリングロード有るし、河川敷とかも結構楽しめるんじゃないかな」

s-DSC_2964「東京居た頃さぁ、寮が荒川に近かったから、何回か河川敷サイクリングしたんだよなぁ」

もう5~6年も前の話になるのかな、洋くんと私は仕事の関係で遠距離恋愛してました。
そう言えば、洋くんってマウンテンバイクでサイクリングとかするの好きだったんだよなぁ

「荒川って結構テレビのロケでも使われる位良い所じゃん、サイクリングしてて気持ちは良いんだけど、やっぱ一人だと寂しかったんだよなぁ」
・・・一人で、どこでもヒョイヒョイって出掛けるって思ってたけど、意外と寂しがり屋だったんだぁ。
「いつかは、日向とサイクリングしてみたいって思ってたんだぞぉ」
チラッと洋くんに視線を移すと、うっすら頬っぺたが赤らんでいます。
可愛いんだからぁ(^^♪

視線を下に落とすと、洋くんの豊満なお腹が目に入った。
・・・・・ダイエットの為にも良いかもね
「行こうよサイクリング」私はうっすら微笑んでいた


松舞ラブストーリーアーカイブ
 

モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
P・W編
本田・楓編
純・カヲル編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
瑞穂編
android game編
ショート・ショート編
ちょい、言ったー。
僕と彼女の日々
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)Serenade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】

「洋くん、お風呂お先~」
他人には絶対に見せられない、バスタオルを巻いただけの日向がそこに居た。
「何しちょる・・・また萌えゲー?」
スマホを操作する俺を呆れ顔で見つめる。
・・・当たってるだけに、返す言葉もない
こんばんは、萌えゲー命の村田洋介です(笑)
―――――――――8月29日(土)―――――――――
「そんなに面白いの、そのゲーム?」
パジャマに着替えた日向が、スマホをのぞき込む。
「・・・うわぁ、その歳で女子高生とかあり得ないんですけど」
「『その歳』とか言うなよな」
俺は、ちょっと口を尖らせた。
「事実じゃない?」
うっ・・・返す言葉が見当たらない

「それって、どんなゲーム?」
フェイスタオルで髪を拭きながら、日向が訊ねてきた。
「普通の女子高生が、パラレルワールドに入り込んじゃって、そこで武器を強化しながら戦うゲーム」
「そう言うストーリーって王道よね。パラレルワールドって、どういう意味?」
あ~こいつ、そう言うSFの世界って苦手だったよなって思いながら、俺はスマホをテーブルの上に置いた。

「パラレルワールド、並行して時が流れてる別の時空の事」
「???」俺の傍らに腰を下ろした日向の頭上には、明らかにそんな文字が浮かんでいた
「例えば、今、俺がこうしたとするじゃん」俺は日向の肩を抱き寄せる。
「んで、その左手がこうしたとする」悪戯っぽく日向の胸に触ってみる
「ひゃっ、こらっ!どさくさに紛れて!」日向が俺の手を払いのける
「そんなに邪険にしなくても・・・例えば、日向が俺の手を払いのけなかったら、この後もっとすんごい事してるかもしんないじゃん、そんなifもしもの世界がパラレルワールド」
「昔、そんな番組有ったよね」
「思うに、1秒毎に・・・いや時間じゃないな、そう瞬間毎に別の世界が無数に広がっていると思うんだ、例えば跳ねのけた手が物に当たって俺が骨折するかもしれない」
「そんなに強く払いのけてないじゃん。」
「・・・そうだけど、もし強く払ってたら骨折して、病院行ってそこのナースと劇的な恋に落ちるかも知れないじゃん。」
「ナースさんと恋愛したいんだ、洋くんは!」
「例えだって。すべての事はそうやって無限に広がって行ってると思うんだよね。」
「それは、確かにあり得るかもしれないけど」

「ただ、俺達にはその別の選択肢の結果を確認する術はないんだけどな。」
「そうだよねぇ」
「だから、なんて言うか1分1秒を大切にしなきゃって思うんだよね。」
微妙に日向が頷いているのが分かる。
「そんな大それた話じゃないか・・・」
日向が、クスって笑った。
「・・・今、選択出来る事は、『さっさとお風呂入ってガス代節約するか』だけだと思うけど。」
「もう一度おっぱい触るって選択肢は認められないんだ・・・OK、お風呂入ってくるわ」

俺は、セーブする為にスマホを手に取った。
「あれ?何かメール来てる」
「洋くんにメール来るって珍しいね、誰から?」
「・・・娘からだよ」
「久しぶりじゃない、一恵ちゃんからメール来るなんて」
「だよな・・・」


松舞ラブストーリーアーカイブ
 

モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
P・W編
本田・楓編
純・カヲル編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
瑞穂編
android game編
ショート・ショート編
ちょい、言ったー。
僕と彼女の日々
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)Serenade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】

神戸の街にも秋が訪れ始め、街路樹が紅葉し始めました。
この街にたどり着いて7ヶ月、毎日あくせく働き何とか生きている。
今日もキツイ仕事が終わり、電車に揺られながら、ぼ~っと薄暗い窓の外を眺めています。
こんばんわ、洋介です。
―――――――――11月22日(火)―――――――――
先日、俺達のブログ「僕と彼女の日々」で、日向が書いていた朝から電車の中で抱き合っている高校生カップルですが、今朝、俺も遭遇しました。
まぁ、俺が見たのは肩を抱いて寄り添っているカップルでしたけど。
そんな光景を回想していたら、ふっと俺の高校時代を思い出しました。
“そう言えば、俺も高校時代同じ事してたんだなぁ”ってね・・・


中学高校とバスケット部に所属していました。
ポジションはポイントゲッター・・・今じゃ考えられない事ですが。
そこそこ強かったんですよ俺達のチーム、森山君の会社の先輩の小村さんとは、ライバルで毎回優勝を争ってました。
でも高校2年の秋、3年生が卒部してやっとで俺達が主力メンバーとして活躍できる様になった頃、俺は交通事故に遭い右足を骨折した。
1年は、バスケ復帰も難しく、俺の選手生命も終わりました。
尖っていた俺に、小学校からの友人武藤が声をかけて来た。
「洋介、お前暇なんだろ、ブラスバンド手伝えよ。うちのブラバン、木管が弱いんだよな。・・・んッ?何だ、お前まさかクラリネットの運指を忘れたなんて言うんじゃないだろうな?」
その言葉に、カチンときた俺は、二つ返事でOKを出した。
元々、小学校の時はブラスバンド部に所属していてクラリネット吹いていたんですよ、俺。
だから今でも、クラシックやジャズが好きなんです。

ブラスバンドには、まだ松葉杖が取れない俺を、何かと助けてくれる後輩が居ました。
同じクラリネットパートの二之瀬有子ちゃんです。
楽譜や楽器を運んでくれたり、俺が徒歩通学だったので家まで学生カバンを積んでくれたり。
一緒はただの後輩として接していましたが、いつの間にか俺の妹みたいな存在となり、気が付いた時には彼女の事を好きになっていました。
それまでバスケ一筋で、女の子と付き合った事なかった俺としては、ガラにもなくセンチメンタルな気持ちの日々が続きました。
・・・そうそう、冬休みに裏の小学校のブラスバンド部員を招待して合同演奏会&クリスマス会を開いたんです。
最後に、全員で記念撮影しようって話になり、全員で集まったんですよね。
その時、立ち位置を俺と二之瀬は譲り合っていました。
「先輩、前に出て下さいよぉ」「お前こそ、背が低いんだから前に行けよ」って感じでね。
それを見ていた武藤が「おいおい、お前ら付き合ってんかよぉ」って、横やりを入れてきたんですよね。
今考えてみたら、あの時から二之瀬の事を意識し始めたんだと思う。

告白は俺の方から。
いつまでも進展しない俺達の関係に痺れを切らしたのか、武藤がガセネタを俺に吹き込んできたんです。
「おい、大芦のクラスの奴が二之瀬ちゃんに告白するって言ってたぞ。どうすんだよ洋介」って
彼女の気持ちに薄々は気が付いていたんですが、俺は今まで告白なんてした事無いから(正確には、小学校2年生位まで周りの女の子に、「好きだ」って言いまくってたんですが)、ず~っと躊躇していたんですよね。
でもやっぱり彼女を失いたくない思いから、俺の気持ちを彼女に伝える事にしました。
今の奴らには笑われるだろうけど、手紙・・・そうラブレターでの告白でした。
書いた文面なんて覚えて無いけど、返事の文章は、今でもちゃんと覚えていますよ。
「とっても、嬉しいです」そう一言だけ書いて有りました。
彼女も、初めて告白されて返事に困ったんでしょうね、きっと。

色々楽しかった思い出が有ります。
一緒に映画見に行きましたし、列車に乗って日帰り旅行だってしました。
その時だったかな、初めて彼女の肩を抱いたのは。
それこそ、人目も憚らず列車の中でした。
夏には、一緒に水郷際にも出掛けました。あの時の二之瀬の浴衣姿は未だに鮮明に覚えています。
ファーストキスも、その先も、彼女と体験しました。
あの日のエピソードだけは、俺の心の中にそっとしまっておきますね。
そんな甘酸っぱい思い出一杯の俺達でしたが、別れが静かに俺達の足元を掬って行きました。

・・・・・・
その日の出来事が、走馬灯の様に俺の頭を過って行った。


改札を抜け、いつもの商店街を歩く。
すっかり暗くなった景色の中、店の明かりだけがこうこうと点いています。
はしゃぎながら歩く高校生達とすれ違った。
あの頃の俺達と何も変わらない、無邪気な笑顔で歩いている彼らの姿に、俺と二之瀬を重ね合わせ、俺はまたふっとブラスバンドの日々を思い出していた。


松舞ラブストーリーアーカイブ
 
ショート・ショート編
モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
本田・楓編
android game編
純・カヲル編
瑞穂編
ちょい、言ったー。
僕と彼女の日々
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)sérénade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】


blogram投票ボタン

535b9536.jpg
「おっ、なかなか綺麗な夕景じゃん」
俺は、そんな独り言を呟きながら、夕暮れの新開地を駅へと歩いてます。
何て言うか、9日連続の仕事で、体力的にも精神的にも疲れてますよ。
耳に突っ込んでるイヤフォンから、スガシカオの“ホームにて”が流れ始めた。
静かなピアノで始まるオープニングは、どことなくアーバンな感じで今の景色にピッタリですね。
しかし日暮れが早くなりましたね。
朝も随分寒くなって来ました。
朝と言えば今朝は、日向の方が先にアパートを出発しました。
何でも、京都で講習会が有るそうで、8時に京都駅に集合なんだそうです。
だから、いつも以上にドタバタした朝でした(笑)
こんばんは、別ブログでもお世話になってますね、洋介です。
―――――――――10月1日(土)―――――――――
今、聴いているアルバムは、SugarlessⅡ、最新のアルバムです。
ランダムにチョイスされた次の曲は、“アオゾラペダル”
嵐に楽曲提供した1曲です。

・・・そう言えばこの曲は

初めて日向とデートした時に見た映画“ハチミツとクローバー”って映画の挿入歌でした。
日向に、「映画の中でスガさんの曲結構使われてるよ」って言われて、ちょっと楽しみにしていたんですが、結局流れたのは嵐の方でした。
(TVアニメ版では、実際に様々なスガシカオの楽曲が使われていたらしいです)

あれから、もう丸5年経つんですね、早い物ですね。
ふっと、日向と知り合った時の事を思い出しました。
確か、祭りサークルの先輩が、近所の子って連れて来たんだったかな。
ルックスで言うと、アヤパンに似ていて「おいおいおい、このサークル入ってて良かったなぁ」って、一緒にサークルに入った会社の同期の奴と騒いでいたのを覚えています。
・・・・・まぁ、アヤパンって言うのは言い過ぎかもしれませんが(^_^;)
んでまぁ、サークルの先輩に頼みこんで、飲み会の席をセッティングして貰ったんですよ。
先輩自体も、元々、そう言うつもりも有って日向をサークルに誘ったみたいなんですよね。
運の良い事に、日向が結構映画好きだったから、色んな映画の話で盛り上がりました。
ちょうど妹がアニメ版のDVDを借りて来ていたから、“ハチクロ”の事は少し知っていました。
そこで意を決して、映画に誘いました・・・・・そこで出したほんのちょっとの勇気のお陰で、今の俺は幸せなんですよね。

それから数回デートをして、9月の21日遂に告白しました。
雲山の街を見渡せる高台の小さな駐車場だったと思う。
目の前に広がる雲山の夜景を眺めながら、朝から一日中話していたはずなのに、まだまだ話すネタが尽きなかった。
こんなにお喋りが楽しいって思ったのは初めてだった、やっぱり相手が日向だからなんだろうか?そうだとしたら、いつまでも一緒にお喋りしていたい。
そう思ったら、日向への想いが急加速して行くのが分かった。
きっと、このチャンスを逃したら、もう二度と日向とお喋りする事は無いのかもしれない、そんなのは嫌だ。
そう思った瞬間俺の口は、「緑川さん、好きです。これからもず~っと僕の横で笑っていてくれませんか?」って言いだした。
突拍子もない事で日向は戸惑ったのか、しどろもどろになっていた。
でも、はっきり「うん」って言ってくれたから、下手に愛の言葉を並べられるより嬉しかった。


“アオゾラペダル”が終わり次の曲が流れ始めた。
NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』の主題歌で有名な“Progress”この曲はkōkuaってグループ名で歌ってるんですよね、スガちゃんは。
俺のお気に入りの1曲です。
♪大切な人を守れたり、未だ何一つ様になってやしない、相変わらずあの日のダメな僕 ずっと探していた理想の自分って、もうちょっとカッコ良かったけれど・・・
このフレーズが堪らなく好きなんですよ。
・・・・・でもまぁ、確かにその通りです。
ガキの頃、描いていた理想の自分って、もっとこう何て言うかもっと立派な大人だった気がする。
普通にサラリーマンしていて、奥さんが居て子供が居る。
夕方、マイホームに帰って、家族で温かい夕食を食べ、和やかに会話している。
そんな、在り来たりの生活を送っている自分を想像していたんですけど・・・
今の自分って、どうなんでしょう?
正に歌詞の通り、何一つ様になってませんよね。
正直、落ち込みますよね・・・この歳になって、明日の自分が見えてないって・・・

♪♪♪
んッ?携帯が鳴ってます。
日向からのメールです。

[洋ちゃん、お疲れ様 もう仕事終わった? 今、新神戸に着いたけど、良かったら三宮で夕ご飯しない? 返信待ってま~す]
そのメールを見て、少し脱力してしまった。
「まぁ、良いかぁ」
今まで歩んできた道を、今更悔やんでも仕方有りませんよね。
この道を歩んでいなかったら、きっと今日向からメールを貰う事も無かったんだろうから。
♪あと、一歩だけ前に進もう
ほら、スガちゃんだって言っています、そうです前だけを見て今まで通り歩んで行けば良いんですよね、その足跡が自分なんですから。


松舞ラブストーリーアーカイブ
 
ショート・ショート編
モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
本田・楓編
android game編
純・カヲル編
瑞穂編
ちょい、言ったー。
僕と彼女の日々
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)sérénade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】


blogram投票ボタン

「うわっ、急に寒くなったわね」
ホームに吹き込んできた涼しい風に、薄手のブラウスで家を出て来た事を後悔してしまいました。
おはようございます、別ブログでもお世話になってますね、日向です。
―――――――――10月1日(土)―――――――――
42528d3b.jpg

今日、保育所は休みなんですが、講習会が京都で有るんで洋君よりも先に出掛けました。
洋君は、朝6時前に仕事に向かうみたいです。

しかし、ここ北区は標高が高い分、市街地とは確実に気温が違いますね。
朝、布団から出るのが嫌になってきました。
先日寝坊をした洋君ですが、普段はちゃんと5時に起きてサクサク準備をして出掛けるんですよね。
あの行動力には、ちょっぴり感心しちゃいます。

まだ電車がやって来る気配は無いんですよね~
何気なくホームの向こうの方を眺めてみた・・・土曜日しかも早朝となるとホームは、人もまばらですね。
やっとで、神戸の人並みにも慣れ始めました。
洋君に言わせれば、東京に比べたら全然空いているらしいですが。

東京かぁ・・・
遠距離恋愛だった頃をふっと思い出した。
気が付くと、どんどん洋君が私の元から離れて行く事が、凄く不安でした。
口では強がり言って、「私は大丈夫だから、しっかり転勤先で頑張って」って送り出していました。
でも大阪時代はまだ週末に帰ってきてくれたり、私が出掛けたりしていたから良かったんですが、さすがに東京となるとそうそうは帰って来れませんからね。
さすがに辛かったです。
でも今となっては、ちょっぴり懐かしい思い出ですけどね。

まだ洋君が松舞の営業所に居た頃は、毎晩の様にどこかに出掛けてました。
夜通し車を走らせていた事だって何回も有りますし、ファミレスで夜明けまでおしゃべりしていた事だって。
いわゆる青春の1ページって奴でしょうか?
そう言えば忘れてましたが、先日21日で付き合い始めて6年目に突入致しました。
付き合い始めの頃は、未だ恋愛自体に馴れて無く、破局の不安を毎日背後に感じていましたが、気が付けば丸5年間付き合っているんですね。


初めてのデート?は、5年前の7月末の土曜日だったと思う。
本当は、妹の朝葉の初デートの海水浴に付き合うつもりだったんですが、前夜地元の祭太鼓サークルに顔を出したら、みんなで飲みに行く話になったんですよね。
明日海水浴だから、早々に切り上げるつもりだったんですが、洋君と映画の話で盛り上がってしまい、ノリで翌日映画を見に行く事に(^_^;)
私が大好きな漫画作家羽海野チカさんの「ハチミツとクローバー」でした。
洋君の好きなスガシカオさんの曲が挿入歌に使われていたのも、話が盛り上がった要因の一つでしたよ。(映画版では嵐が歌ってましたが・・・)

初めてサークルで顔を見た時は、濃い顔だなってのが印象に残ってます(笑)
何回か顔を会わすうちに少しずつ口を聞くようになりました。
話をしてみると、結構オヤジギャグ言ったり、おどけたりと面白い人だって事が分かりました。
特に、笑った時の顔が可愛くてお気に入りなんですよね。
気が付くと、サークルに出掛けるのが待ち遠しくなり、洋君が休んでいたりするとちょっぴり残念な気持ちになったりしてました。
まさかアレが恋の始まりだったとは・・・

それまでも何回か食事に行ったりして、デートっぽい事はしていたんですが、告白されたのは、1カ月以上経った9月21日。
意外と奥手なんですよ、洋君は(笑)
「緑川さん、好きです。これからもず~っと僕の横で笑っていてくれませんか?」
最初は、告白だったなんて気が付きませんでした(^_^;)
「・・・えっとぉ・・・それって・・・あの~・・・あっ・・・うん、・・・いいえ、はい」
そんな事言われた事無かったですから、何て返事をすれば良いか迷ってしまいました。

・・・いいえ、返事は初めて映画を見に行った時に分かっていたんですけどね。
そしていつか、こうして二人で暮らす日が来る事も・・・

松舞ラブストーリーアーカイブ
 
ショート・ショート編
モリヒデ・ヒグラシ編
颯太・朝葉編
洋介・日向編
幸一・真子・美結編
御主人様28号・詩音編
比呂十・美咲編
優ママ編
本田・楓編
android game編
純・カヲル編
ちょい、言ったー。
僕と彼女の日々
ある高校生の夏休み編【完結】
(小夜曲)sérénade編【完結】
楓・青木先輩編【完結】
本田・沢田編【完結】
2009年収穫祭編【完結】


blogram投票ボタン

↑このページのトップヘ